• ブタの貯金箱 得するワザ・節約術
    老後の貯蓄にオススメ!節税にもなる確定拠出年金(DC)って?
    2016年6月4日
  • bb9978aacc866d22d66534faa87fe5d6_m 出産・育児
    出産費用を0円に?!子供の出産でもらえるお金を逃さずに!
    2016年5月30日
  • b25b9c65442a98373cc98b9fe97a6d0a_l 得するワザ・節約術
    最も簡単な方法!ふるさと納税の始め方を5ステップで解説
    2016年7月1日
  • お財布OK 婚約・結婚
    あなたと彼のお財布タイプはどれ?3つの中から家計チェック
    2016年6月14日
  • 高級国産牛 得するワザ・節約術
    始めなきゃ損!ふるさと納税はお財布にもおいしい!
    2016年5月28日
  • 結婚式のお礼とお車代 婚約・結婚
    結婚式のお車代やお礼の相場は?渡し方のマナーとポイント
    2016年8月21日
  • 記事アイキャッチ1 得するワザ・節約術
    セールや値引きを選ぶのに…なんで?!お金が貯まらないワケ
    2016年6月5日
  • e6a7fb68514a27113d2b571ab25e6de8_m 婚約・結婚
    結婚して大丈夫?彼との金銭感覚のズレが原因で起こった悲劇5選
    2016年6月1日
  • 看護師さん 得するワザ・節約術
    医療費控除で税金を取り戻す方法!病院で損しないためには?
    2016年6月7日
bb9978aacc866d22d66534faa87fe5d6_m

子育てはお金のかかるもの・・・。
出産する際も、結構なお金がかかるんじゃないの?と思っている方、多いのではないでしょうか。

もちろん養育費や学費など子育てしていくにはたくさんのお金が必要になってきますが、出産自体は、手当金や健康保険などを活用して、それほどお金をかけずに済んだ、なんて人も多いのです。

ただし、手当金などはもらうために条件があったり届け出が必要であったりする場合もあるので、ここでしっかり確認しておきましょう!

出産費用がネックになって妊娠をためらっている人も、これを知って少し前向きに検討できるかも?!

まず、もらえるお金を確認しよう!

子供が生まれたらもらえるお金は大きく分けて3つあります。

  • 出産育児一時金
  • 出産費用の医療費控除
  • 出産手当金

その他に国がサポートしてくれるお金としては

  • 妊婦検診費用は14回まで無料
  • 育児休業中は子どもが3歳になるまで社会保険料免除
  • 育児休業給付の支給

なども挙げられます。

ただし、給付を受けるには条件を満たさないと給付されないものもあるので、ひとつひとつ確認していきましょう。

出産育児一時金とは?どうやってもらえるの?

出産(分娩)費用を健康保険制度で補助してくれ、42万円もらえます!

これは本人もしくはその夫が健康保険に加入していれば申請を出すだけで誰でももらうことができます。
ただし、申請は出産の翌日から2年以内で、出産届の申請も必須です。

健康保険を滞納してしまっている場合は対象外となってしまうので注意。

申請の仕方は産院によって異なるので、詳しくは産院にお問い合わせを。

出産費用の医療費控除って?どこまでが対象なの?

出産費用から出産育児一時金(上記)を差し引いた額が医療費控除の対象となります。
例えば、妊娠中の定期健診費用、通院や入院時の交通費、入院費用なども医療費控除の対象です。

通常の医療費控除と同様、確定申告をすると税金が戻ってくる場合がありますので、通院や入院の際の領収書は大切に保管しておきましょう。

そもそも「医療費控除」ってなんなの?という方はこちらをご覧下さい→病院でお金がかかったら!医療費控除で税金を取り戻そう!

出産手当金とは?どうやってもらえるの?

出産手当金とは働いていた女性が産前・産後休暇に入り、その間に給料が出ない場合に生活を支えるためとして給付される手当金。

産前期間とは出産予定日を含み、出産前の42日間(双子の場合は98日間)。

産後期間とは出産翌日から56日間のことを指します。

対象者は「会社の健康保険(共済)の被保険者である母親」。正社員だけではなく、契約社員・パート・アルバイト・派遣社員の方も健康保険加入者であればもらうことができます。

ただし、国民健康保険の加入者は対象外となっています。

出産手当金はいくらもらえるの?

出産手当金は産休1日につき、標準報酬日額の3分の2となっています。
例えば、もし標準報酬日額が7,000円で予定日通りに出産した場合は

7,000円×2/3×(産前42日間+産後56日間)=45万7366円

が支給されるというわけです!

しかし、もし出産日が出産予定日とズレてきた場合は金額が少し異なってきます。

■予定日より早く生まれてきた場合
早まった分、産前の42日間から日数が削られます。
つまり、5日早まって生まれてきた場合は
産前産後期間が

産前42日間-5日+産後56日間

となるので、支給額は

7,000円×2/3×(産前42日間-5日+産後56日間)=

となります。

■予定日より遅く生まれてきた場合
遅まった分、産前の42日間に日数が追加されます。
つまり、7日早まって生まれてきた場合は
産前産後期間が

産前42日間+7日+産後56日間

となるので、支給額は

7,000円×2/3×(産前42日間+7日+産後56日間)=

となります。

その他に国がサポートしてくれるお金について

上記で述べたように、その他のサポートとしては

  • 妊婦検診費用は14回まで無料
  • 育児休業中は子どもが3歳になるまで社会保険料免除
  • 育児休業給付の支給

などが挙げられます。
これらについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください→実は手厚い!出産・育児における国のサポートあれこれ

hoyako

なんだか出産するだけでもたくさんお金がかかるものだと思ってたけど、意外とサポートが充実してるんですね。

ホヤ子

beteko

そうなの。私もいま妊活中だからいろいろ調べてるけど、このサポートは安心よね。

ベティ

hoyako

ベティさん妊活中か~。私もそろそろ…♡

ホヤ子

beteko

あなたはその前に、そのズボラな家計を見直してからね。

ベティ

hoyako

とほほ・・・

ホヤ子

結論:出産に希望が見えそう。

おすすめの記事